フラッシュ脱毛:エステ脱毛とケノン

一般に脱毛エステで使われる光は、キセノンライトと言われています。
美容クリニックや美容外科で使われるレーザーは、医師免許がないと扱うことができません。ということは、エステも自宅脱毛もさほど変わりはないということなのです。

エステの脱毛は、専用の美肌ジェルとかを使って美容成分をお肌に浸透させることで、しっとりすべすべの美肌脱毛!ってうたっていますね。確かにこれは魅力的です。おもわず触りたくなるようなツルスベのお肌は女性の憧れ♪
でも、その分費用は掛かります。

ワキ脱毛480円!!なんてキャンペーンもあります。ひたすらワキ脱毛をとことん納得するまでしても480円だけ。・・・でも現実的にそれだけで、ずーっと通うことできますか?なんか図々しいって思われる気がするし、ついつい他のコースも契約してしまうのが人情です。そこをエステ脱毛は狙っているのです。
そして、最終的なゴールは全身脱毛♪ 数十万なり~

ケノンはそんなエステの脱毛と同じキセノンライトを使用しているので、エステと同じ脱毛効果を得られるというわけ。
家庭用で出力が低いために、痛みどめのジェルも不要!
これは費用が削減できますね。エステ脱毛より家庭脱毛を選ぶ人は、まず費用削減は絶対的に重要です。あれもこれもしょっちゅう購入する必要があれば、結局エステに行ったほうが楽でお安くなってしまします。

ということで、とことん節約できて、脱毛エステと同じライトで脱毛できるので、エステ脱毛と同じ効果は得られるケノンは人気なのです。

エステ脱毛は、永久脱毛ではありません。
レーザー脱毛は、毛乳頭を焼き切るので、二度と生えてこない可能性は高くなります。ただ、痛い!んです。
レーザー脱毛を途中で断念する人が多く、その理由が痛み&費用の高さ。
その点、エステ脱毛は痛みも少ないし、費用も安い。その代わり、永久脱毛効果は期待できません。ある一定の期間の抑毛効果です。

それならば、自宅で同じキセノンライトを使って脱毛したほうが、楽だし安いし、他人に体を見られることもない。おまけに旦那さんのヒゲやムダ毛、美顔器としても使えるなら、十分元がとれそうですね。

キセノンライトを使った家庭用脱毛器は、ケノンの他に、パナソニックから発売されている「光エステ」があります。
この光エステは、13,000円くらいから購入できるので、さらに気軽ですね。でも口コミを見ると、VIO脱毛には使いにくそうという声も多いです。使えるとしても肌に影響がないか、慎重にチェックする必要がありそうです。
ただ、ワキとか気になる部分を限定的に使うなら、安くて買いやすいのでおススメ。

 

2014年2月26日 フラッシュ脱毛:エステ脱毛とケノン はコメントを受け付けていません。 未分類