家庭用脱毛器を購入する時の注意点

一昔前、エステ脱毛が医師法違反で話題になったことがありました。
医師免許がない人間が、永久脱毛をうたって宣伝し集客したり、違法にレーザーを使った脱毛をしていたり。
それ以来、エステ業界の規制が厳しくなり、最近ではレーザーを使った脱毛は、医師のみが施術できるという考えが一般の人にも浸透してきたようです。

家庭用脱毛器を購入するときの注意点を知り、トラブルがないものを賢く購入するようにしたいですね。

家庭用脱毛器は、国産の他に海外商品もありますが、できれば日本人に合った光を使ったもののほうが肌に低刺激で安心です。日本人は、欧米人に比べて皮膚が薄いので、欧米人用に開発された脱毛器を使用すると、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、軽いやけどのような状態になる恐れもあります。
なるべく、肌に負担のない光を使った脱毛器を選びたいですね。

保証期間があるものを選ぶ事も大事。
日本で家電を購入するときは、1年間の品質保証があるものを選ぶのは普通です。が、中にはそれがないものもあるので注意が必要です。

単に最初の費用が安いから-という理由で選ぶのもNG。カートリッジの消耗が激しくて、しょっちゅう買い換えないと使えないものは結果的に高くつきます。
また、ジェルとか付属のものを多く購入する必要があるものも慎重に選びましょう。

持った時の重さはどうでしょう。
小さく見えて、結構な重量があると女性が長時間使うのがしんどくなります。体のいろんな部位に使う場合は特に、腕の角度もまちまちになるので、重たいものや使いにくいものは避けた方がいいですね。
それと同時に、照射面積が小さいと何度も何度も照射をする必要があり、これも長続きできません。
照射面積が大きいもの、軽くて操作しやすいもの、連射があるともっと理想的ですよね。

それと、自分の肌質がフラッシュ脱毛に合うかどうかも実は真っ先に気にしたいところですね。
購入する前に、それを確認できればいうことないのですが、家庭用脱毛器は返品はできないものが多いですね。その時は、販売者とメールなどでやり取りして、確認することが大事。
必要のない高額なものを購入しないようにしたいですね。
定期的に何度も繰り返して使うものだから、使いやすさは大事!
同時に費用対効果も、長期的目線で慎重に考えたいですね。

 

2014年2月28日 家庭用脱毛器を購入する時の注意点 はコメントを受け付けていません。 未分類